ローダウンについて(#^^#)

愛車のスタイルアップに欠かせない手法の「ローダウン」手法とそれぞれのメリット&デメリットを、スタイルアップに向けて今回紹介します(#^.^#)

【ダウンサス】

単純に、純正のスプリングと交換するだけで車高を落とすことが可能。ちなみにスプリングとは、路面からの衝撃を吸収するもので、重要な足回りを構成するパートです。大半のクルマに付いてますが、足回りの構造によっては装着されない車種もあるのでご注意のほど(>_<)

さて、この「ダウンサス」。ローダウンスプリングとも呼ばれますが、基本的に純正ダンパー(ショックアブソーバ)用に販売されているものが多く、メーカーでは車種ごとにスプリングの硬さを表すバネレートや落ち幅を決めています。また、大半は最低地上高を考慮してダウン量を決めるので、車検の心配が少ないことも特徴です。
メリット:手軽に車高を落とせる。リーズナブルにローダウンができる。 デメリット:大幅なローダウンが不可能。車高の調整ができない!!

【車高調】

ダウンサスは、純正のダンパーはそのままにスプリングだけを交換するのに対して、車高調はダンパーを含めたサスペンションごと取り替えています。 この車高調で耳にするのが、ネジ式と全長調整式。ネジ式は、スプリング下にある受け皿を上下させることで、スプリング長を縮めるなどして車高を決めて行くタイプ。

後者の全長調整式は、車高調の下にあるブラケットという部分でダンパーの全長まで変更できる仕組みで、フルタップ式とも呼ばれています!
前者は比較的に安価でビギナー向け、後者は底付きしにくく車高を落としやすい特徴が挙げられます。

メリット:車高や乗り味の調整ができる。スポーティな走りにも対応可能。 デメリット:ダウンサスより高価で、乗り心地も硬いと感じることも。

お困りの事などありましたら相談させて頂きます(≧▽≦)

Car Change A1 kashihara
◆◆◆  by I-NU-I☆  ◆◆◆

関連記事

PAGE TOP