車線

一般道の片側2車線道路を走っていると、よく大型車両が第2車両通行帯(右側車線)を走っているのが目につきます。
キープレフトの原則(懐かしい・・教習所で習いましたね)があるので基本的には第1車両通行帯(左側車線)を走ることになっていますが、慢性的に渋滞している道路では無理というものです。
大型車両は速度が遅く、迷惑そうに車線変更を繰り返し何とか抜き去ろうとする車も多いですが、法令では指定区間を除き、大型車両(トレーラーを除く)が左側車線を必ず走行しなければならないということはないそうです。
大型車両は慣性重量が大きく、発進停止を繰り返す町中ではなるべく速度が落ちないように、走行の障害物が少ない右側を通ろうとする傾向があるようですが、彼らにも事情があると思いますので、あまり邪険にせず譲れるところは譲ってあげるなど、なるべく仲良く走れればいいなと思います。
映画の「激突」みたいな場面に遭遇すれば別でしょうが・・(古い映画てすいません)

****SUYAMA****

関連記事

PAGE TOP